Event is FINISHED

日本財団CANPAN・NPO連続セミナーVol.06「想いを伝えるためのイベントの作り方」

~初開催で約600人を集めたEvent Festival 主催者・PeaTiX運営者から教えてもらう、イベント開催のヒント~
Description
【満員御礼】
参加申し込みが定員に達しましたので、当日受付はいたしませんので、予めご了承ください。

日本財団CANPAN・NPO連続セミナー「ツールとノウハウで活動を加速させる」
~公益活動に役立つツールと、そのノウハウをあなたのもとに~
-------------------------------------------------------------------------
★その他のセミナーの一覧はこちらをごらんください。
http://blog.canpan.info/cpforum/archive/86

連続セミナーの第6回は、「イベント」や「セミナー」をテーマにしました。セミナーのためのセミナーです!

日本財団CANPAN・NPO連続セミナー
想いを伝えるためのイベントの作り方
~初開催で約600人を集めたEvent Festival 主催者・PeaTiX運営者から教えてもらう、イベント開催のヒント~

みなさん、イベントをやってますか?
NPOの活動の中でイベントって、なにげに重要ですよね。
でも、イベント開催そのものを学ぶ機会はあまりないと思います。

そんな中、5月26日にイベント主宰者のためのイベント「Event Festival Tokyo 2013」(http://eventfes.org/)というイベントが開催され、イベント開催に関する学びと交流の場に約600名の方が参加したそうです。

今回のセミナーでは、このEvent Festival Tokyo 2013の総合プロデューサーである中島明さん、同イベントの企画・運営メンバーであり、イベント管理ツール「PeaTiX」(http://peatix.com/)というサービスの運営者でもあるPeaTiX庄司望さんをお招きして、想いを伝えるためのイベントの作り方について、いろいろなヒントをお話しいただきます。

イベント主催者のためのイベント「Event Festival Tokyo 2013」の開催を通じて、またPeaTiXの運営者として様々なイベントを見てきて得たもの、イベント開催に関する思いとノウハウを教えていただきます。また、庄司さんには日々進化するイベント管理ツール「PeaTiX」(http://peatix.com/)の最新の活用方法についてもご紹介いただきます。

そして、今回はお話しをお聞きするだけなく参加者自らイベント企画を考えるワークショップを行います。イベントに関するヒントを聞いて、自分で考えて、みんなとディスカッションしてというような濃密なセミナーとなる見込みです

イベントそのものが自分たちの活動だ!
イベントを通じて団体や活動のことを知ってもらいたい。
イベントをきっかけに団体の支援者を増やしたい、ファンドレイジングしたい。
セミナーを通じて取り組んでいる社会問題についてもっと知ってほしい。
なにはなくともイベントが好きだ!

そんなことを考えているNPO・公益団体関係者の方にぜひご参加いただきたいセミナーです。

b_NPOForum_20130624.jpg


日 時:2013年6月24日(月)19:00~21:30(開場18:45)
会 場:日本財団ビル2階会議室8
定 員:30名
対象者:NPO、公益団体、学生団体等の関係者、ボランティア、プロボノなど
    「イベント」に興味・関心のある人ならどなたでも
参加費:1,000円
主 催:日本財団CANPANプロジェクト
協 力:PeaTiX http://peatix.com/
    
<スケジュール>
19:00 オープニングトーク
イベント好きを公認!?している中島さん、PeaTiX庄司さんと、
セミナー至上主義のCANPAN山田がイベント愛・セミナー愛について語ります。

19:20 グループワーク1
「あんなイベントがしたい、こんなイベントをやってきました」
・それぞれA3用紙にやってみたいイベントの概要をまとめてみます
・それをもとにグループで自己紹介&イベント紹介

19:40 トークタイム
中島さん、PeaTiX庄司さんに聞く!イベントを開催するということ
◆最近のイベント事情、これはすごい、面白いイベント
◆PeaTiXBlogイベント成功術!~企画 x 運営 x 集客 x ソーシャルメディア活用法~
 (http://blog.peatix.com/)からぜひ押さえておきたいイベント開催のポイント
◆アフターフェスティバル~Event Festival Tokyo 2013を開催してのいろいろ
◆イベント開催のために、PeaTiXはどう活用すればいいの?
20:30 休憩

20:40 グループワーク2
「イベント企画をブラシュアップ」
・中島さん、庄司さんのお話しをヒントにしながら、前半でまとめたイベント概要を
 実際に実現するために前半で作成したワークシートに取り組みたい事例や
 ノウハウを盛り込みます。
・出来たものをグループ内で共有して、フィードバックをもらって、
 イベント企画のコンセプトペーパーが完成します。

21:20 共有&ネットワーキング
21:30 終了

【講師プロフィール】
nakajima.jpg
中島明さん
Event Festival Tokyo 2013 総合プロデューサー
つなぐ専門家。コミュニティ&イベントプロデューサー。場づくり・関係構築を専門とし、数多くのコミュニティ・生活者ネットワークの構築・運営をしてきた他、300本を越えるセミナー・イベントのプロデュースに関わる。ビジネスセミナーや朝活イベント、各種記念パーティー、音楽・スポーツイベントなど、ジャンルや規模を問わず、参加型・共感型・共創型の要素を取り入れたイベントの企画・運営を経験してきた実績を持つ。東日本大震災チャリティーセミナーPJT「HOPE100」、WorldShift Forum2011、助けあいジャパンチャリティイベントなど、ソーシャルグッドなイベントの経験も数多い。2012年、PeaTiX主催のイベントデザインワークショップでは監修・講師を務め、本イベントでは総合プロデューサー。1976年生まれ。千葉県出身。


nshoji.jpg
庄司望さん
PeaTiX Marketing Manager / Open Knowledge Foundation Japan
高校一年生からバンド活動に明け暮れ、大学時代はクラブの専属PAとして毎週パーティーの裏方を経験。大学卒業後はメディア/コミュニケーションを専門とし、株式会社リクルートにてモバイルポータルサイト「R25式モバイル」の企画・編集に携わった後、米系PRファームFleishman-Hillard、同Edelmanにて、コンサルタントとしてデジタル領域におけるコミュニケーションに幅広く従事。「企業コミュニティの構築・醸成」をテーマに、数多くのmeet upも企画してきた。
2012年 PeaTiXに参加、「イベント主催者のための活動をしている」という口実の元、様々なイベントに自分自身が参加して楽しんでいる。
プロボノとして、オープンデータを推進するOpen Knowledge Foundation Japanの活動にも従事。

【参考サイト】
PeaTiX http://peatix.com/
PeaTiXBlogイベント成功術! http://blog.peatix.com/
Event Festival Tokyo 2013 http://eventfes.org/
中島明さんのサイト http://www.akiranakajima.com/

<情報保障について>
参加申し込み後、手話通訳、要約筆記、点字資料、車イス席など必要な配慮を下記の問い合わせ先メールアドレスまで別途お知らせください。

<参加申し込み>
右のチケット購入からお申し込みください。
・参加費用はクレジットカード、コンビニ払い、銀行振込等の前払いとなっています。
・コンビニ払い、ATM払いの場合は、6月19日(水)13時までの申込手続きが必要となりますので、お早めにお申し込みください。
・事前参加申込は6月24日(月)13時に締め切ります。定員になった場合には、その時点で申込締め切りとなります。
・キャンセルは受け付けておりませんので、あらかじめご了承ください。
・領収書はセミナー当日に受付にてお渡しいたします。
※クレジットカード決済等で難しい方は以下のメールアドレスよりお問い合わせください。

【お問合せ先】
日本財団/CANPAN
山田泰久(やまだやすひさ)
TEL: 03-6229-5111
E-mail:ya_yamada@ps.nippon-foundation.or.jp
Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2013-06-24 04:57:24
Mon Jun 24, 2013
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
日本財団ビル
Tickets
参加費(キャンセル不可) ¥1,000

On sale until Jun 24, 2013, 1:00:00 PM

Venue Address
東京都港区赤坂1-2-2 Japan
Organizer
CANPAN
1,731 Followers
Attendees
28 / 28